+RECOMMEND
リサイクル・セックス
リサイクル・セックス (JUGEMレビュー »)
安藤 房子
【本当に好きな人としてる?】癒しを求めて、気安さを求めて、あるいは、辛い現実を忘れるため、「リサイクル・セックス」にはまる女性たち・・・
+OTHERS

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 速読 | main | いい関係 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
誠意と情熱
どんな仕事でも大切なのは
この二つなのではないかと
あらためて思った。
今、あるプロジェクトに参加している。
何千万もの商品を販売するという
私にとっては、今まで関わったことのない
新しい世界。

なんの知識もない私が
某広告代理店さんを相手に仕事をしている。。。

あるプロジェクトのある一部を担当するだけなのだが、
なぜか毎週行われる会議に参加しなくてはいけない…。
勉強になるので、楽しみではあるのだけど。

昨日、先方で問題が起こり
うちの会社に助けを求めてきた ←なんで?って感じ

先方の考えている解決法は3つあった。
そのうちの一つが嘘を突き通すことだった。。。。
内心「エ”ーーーー」と驚いてしまった。
案としてあげる事自体間違っていると私は思う。
商品に結果的に影響があるわけではないけれど、
そういうズレタ部分って
消費者は敏感に感じ取ると思う。

「エ”ーーーー」と声をあげはしなかったけど
自分の個人的な意見として「嘘はいけない」
ということを伝えた。

誠意だけでは生きていけないかもしれないけれど
やはり、その商品に関わる人全ての波動は
消費者へ伝わっていくと思うから、
マイナスの波動を加えてほしくないと思う。

私が関わる以上(ぜんぜん偉くないんだけど…)
本当の意味での良いものに仕上げてもらいたい


追伸
まだ電車男よんでます。ハァ〜
| 幸せな成功者になりたい! | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:33 | - | - |









http://women.jugem.cc/trackback/487